Loading...

蛇韻律

琉球 壺屋焼 鉄絵嘉瓶 19世紀

¥55,000(税込)

琉球王朝末期に焼かれた、嘉瓶と呼ばれる運搬用の酒瓶。主に祝儀や祭祀の際に使用され、平時は大切に保管された。

瓢箪型の優雅な曲線を持ち、中央には月桃が描かれている。厳粛な場で使用されるため無地のものが多く、絵付けが大胆に描かれたものは珍しい。白化粧掛けされた器面に生じた滋味深い染みが、人生の節目に度々用いられていたことを伝えている。

窯傷以外に特筆すべき瑕疵はない。

W10cm×H19.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。