Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 会寧粉引茶碗 17〜18世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代中期に焼かれたであろう粉引茶碗。粗い褐色の胎土から、咸鏡北道会寧の産であると思われるが、同地は白濁釉を用いることが多く、化粧掛けされた茶碗は珍しい。

高台脇から直線的に立ち上がり、段差を付けた腰部から丸みある輪郭へと変化し、口縁は端反りしている。産地も含め、熊川茶碗に符合する点が多いことから、こちらも同様に茶陶として焼かれたものと考えられる。

伝世によって色付いた貫入、染みに加え、焼成時に生じた口縁の釉切れも好所。「朝鮮粉引茶碗」と書き付けられた古箱に入る。

W13cm×H8.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。