Loading...

蛇韻律

高麗青磁 陰刻蓮弁紋小服茶碗 12〜13世紀

SOLD OUT

高麗王朝時代中期頃に焼かれた茶碗。仏教儀礼における喫茶に用いられていたものだろう。高台脇から緩やかにカーブし、口縁は束口を呈す。既に中国の影響から脱していた当時としては珍しい、南宋龍泉窯の青磁碗を思わせる作例である。

朝顔形且つ大ぶりなものが多い高麗青磁の茶碗であるが、扱いやすい小ぶりなサイズが魅力。胴部に窯傷、高台に小さな欠けが見られる以外、特筆すべき瑕疵はない。合箱付き。

W11.5cm×H4.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。