Loading...

蛇韻律

中国 青白磁平茶碗 12〜13世紀

SOLD OUT

ベトナム北部で出土した青白磁茶碗。但しベトナムで焼かれたものではなく中国からの輸入品である。

かつてベトナムの李王朝は中国北宋と激しく対立していたが、北宋から南宋に移ると「安南」に冊封され、最高度の独立性を持つ属国となった。この茶碗は南宋との交易の中で渡ってきたものだろう。

純白の素地と青みを帯びた透明釉が、まだ青花を焼き始める前の景徳鎮の特徴をよく表している。官窯で焼かれた上手の茶碗であることから、李王朝を構成する豪族たちが使用していたと推測される。

出土品にしては極めて状態良好で、ニュウや欠けはおろか小傷もあまり見当たらない。口縁部が無釉なのは、焼成する際に逆さにして溜まった釉薬を削り取ったため。

W15cm × H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。