Loading...

蛇韻律

清朝 青白磁双耳小壺 17〜18世紀

SOLD OUT

明〜清朝期に焼かれた双耳小壺。広東、福建諸窯で生活雑器として焼かれたものだろう。浅く削りを入れた小さな高台から丸みを持って立ち上がり、表面に粗放な轆轤目を残す。中国浙江地方の青白磁の流れを汲む、古格ある作行きである。

口縁に一部焦げ付きと、味わい深い染みが生じている。高台にホツが見られるが目立だず、状態は良好。

W6cm×H6.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。