Loading...

蛇韻律

大黒天の土人形 19世紀

¥4,600

大黒天とは仏教に取り入れられたヒンドゥー教のシヴァ神のことである。そのため初期は凶暴な形相をした青黒い姿で描かれていたが、中国に伝えられてからは寺院の台所に祀られるようになり、豊穣を司る神へと性質が変化していった。

この朽ち果てた大黒天の人形は19世紀半ばに日本で作られたもの。日本では日本神話の「大国主神」と同音であることからこの二つが一つの神に習合した経緯があり、中国の大黒天とはまた違った独特の姿に変異している。

元々は彩色されていたと思われるが、長い年月を経て素地がむき出しになってしまっている。

H13cm × D6.5cm × W10cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。