Loading...

蛇韻律

明朝 磁州窯 鉄絵盃 15〜16世紀

SOLD OUT

明朝期に磁州窯系の窯で焼かれた盃。宋〜元代のものに比べて陶土の鉄分が多く、蛇の目の釉剥ぎ痕がアクセントになっている。茶碗を小型化したような精緻な作りと、当時の時代精神をよく表す文人画調の絵付けが好ましい。

口縁にホツと、そこから伸びる短いニュウがある以外に特筆すべき瑕疵はない。

W8.5cm×H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。