Loading...

蛇韻律

信楽焼 飴釉四耳壺 18〜19世紀

SOLD OUT

江戸時代に焼かれた信楽焼の四耳壺。施釉陶器の生産を開始した登り窯導入後の作であるが、土味の良い躯体には古手の趣きを残す。不規則に配された四耳、丈長で肩の張った姿は如何にも南蛮といった様相。流し掛けられた鉄釉が空間によく映えるだろう。

口辺と耳に欠け、底部と胴部にニュウがあるが水漏れはない。信楽の茶壺にしては大きさも程よく、花活けに最適。

W18cm×H22cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。