Loading...

蛇韻律

金朝 磁州窯系 白無地茶碗 12〜13世紀

SOLD OUT

磁州窯系の窯で焼かれた茶碗。白無地であるが、所謂鉅鹿手の一群からは少し時代が下った金朝期の作だろう。化粧掛けされたマットな質感の器面に薄桃色の染みが広がり、中央には四つの小さな目跡が残る。端反りした器形は磁州窯系には珍しく、白濁した透明釉も相まって朝鮮半島の粗質白磁を彷彿とさせる。

口縁に極短いニュウが数本、欠けが一箇所あるがいずれも古い時代に生じたもので馴染んでいる。落ち着いた生成り色は使い勝手も良く、日常使いに最適。

W15.5cm×H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。