Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 青画草花文面取瓶 18世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代の面取瓶。18世紀末の分院で焼かれたものだろう。雫のような丈長の器形に盤口をなし、六面に面取りされた器面には濃いコバルトで草木や蝶を描く。両班の酒器か、あるいは乳瓶のように祭祀で用いたと思われ、王朝全盛期のすっきりとして清楚な作風を見事に体現している。

少々の汚れと虫食い(盤口の下側一箇所)が見られるが、状態は極めて良好。この手は大ぶりなものや首の飛んだ発掘品が多く、実用に即したものは貴重。花活けには勿論、容量三合弱と徳利にも最適である。保存箱付き。

W8.5cm×H20cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。