Loading...

蛇韻律

清朝 徳化窯 青花壺 18世紀

SOLD OUT

清朝期に福建省の徳化窯で焼かれた青花壺。清朝初期から日本産のコバルトを使用していた徳化窯の青花は、どこか九州肥前の染付に近い雰囲気を持つ。丸みを帯びた豊満な躯体に描かれる風景が、江戸期の伊万里焼にもしばしば描かれる波止場を思い起こさせる。

高台内に「士」の銘有り。側面に鳥足状の薄いニュウが見られるが水漏れはない。

W15cm×H14.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。