Loading...

李氏朝鮮 会寧 白濁釉茶碗

SOLD OUT

李氏朝鮮時代後期に咸鏡北道会寧郡または明川郡で焼かれた茶碗。同地には珍しい朝顔形を成し、厚く施された白濁釉が随所に紅斑を呈する。唐津焼との関連が指摘される同地の焼き物であるが、藁灰を用いる斑唐津や朝鮮唐津に対し、木灰を使用していたとする記録が残されている。但し、いまだ原料は確定していない。

胎土に砂利が多く、凹凸が散見されるが水漏れはない。口縁に二箇所ホツがある以外に特筆すべき瑕疵はなく、状態良好。

W14cm×H5.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.