Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 白磁茶碗 18〜19世紀

¥17,000(税込)

李氏朝鮮時代後期の白磁茶碗。青灰色の釉薬を貫入が覆い、碁笥底の畳付に粗い砂目が溶着している。

井戸手と呼ばれる盃を中心とする半陶半磁の一群に通じる作行きであるが、こちらは青磁に近い釉調の磁器質。咸鏡北道鍾城郡(現在は穏城郡に併合)でも似たものが焼かれており、産地は定かではないが、底の厚みと手取りの重さがこの時代の白磁の特徴をよく表している。

貫入に紛れ、ニュウが口縁と見込みに一本ずつ見受けられる。水漏れはない。

W12cm×H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。