Loading...

蛇韻律

清朝 辰砂梅陽刻文小碗 二客 19世紀

SOLD OUT

清朝末期の小碗二客。しなやかな器形を持ち、貼花による梅枝文の上に暗澹たる辰砂釉が掛かる。よく精錬された褐色の胎土、厚作りの器壁から推測するに景徳鎮の民窯で焼かれたものだろう。

偶発的に生じた大小の個体差が、国営化を目前に控えた景徳鎮窯晩期の手仕事を伝えている。窯傷を除き、二客とも状態は極めて良好。

W8.5cm×H5.5cm
W8.5cm×H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。