Loading...

蛇韻律

明朝 磁州窯系 黒釉平茶碗 16〜17世紀

SOLD OUT

明〜清朝期に磁州窯系の窯で焼かれた黒釉茶碗。黄褐色を帯びた露胎の滑らかな手触りが山西省以西の特徴を示す。

外側四箇所に施された鋲釘風の装飾は、当時鈞窯の筆洗や花盆に多用された意匠。こちらも本来の用途は筆洗だったのかもしれないが、馬盥茶碗のような低く歪んだ形が茶趣を漂わせている。

黒釉の表面に生じた青白い窯変が美しい。窯傷を除き、状態は極めて良好。

W13.5cm×H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。