Loading...

蛇韻律

古伊万里 花唐草文猪口 18世紀

SOLD OUT

江戸時代中期に焼かれた伊万里焼の猪口。僅かに膨らみを成す丈長の器形と繊細な花唐草が嫋やかな調和を見せる。元々は酢や醤油を入れる容器であるが、薄造りの口縁は舌触りが良く、酒器に最適。

高台に小さなホツが幾つかあり、一つは金直しされている。花唐草は時代が下ると、櫛目文と組み合わされることが多くなり、総柄のものは貴重。

W6cm×H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。