Loading...

蛇韻律

清朝 青花霊芝文茶碗 18世紀

SOLD OUT

清朝期に焼かれた青花茶碗。霊芝文の絵付けや、型で成形された高台から推測するに、徳化窯や安渓窯といった福建地域の窯で産したものだろう。但し、既に良質な白磁が量産されていた同地で、化粧掛けが施されている点には疑問が残る。御本のような無数の染みが出ていることからも、高麗茶碗のような質感を望んだ日本からの注文に応えたものだったのかもしれない。

高台の窯傷以外に特筆すべき瑕疵はなく、状態は極めて良好。

W13cm×H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。