Loading...

蛇韻律

陶胎染付 草花文小皿 九客 19世紀

SOLD OUT

幕末〜明治に焼かれた陶胎染付の小皿九客。砂利混じりの粗い胎土に長石釉が厚く掛かり、緻密な草花文が全て手描きで描かれている。バロック様式に影響を受けた西洋風の図案から、旧平戸藩領に属したいずれかの窯か、当時財政難に陥っていた亀山が焼いた日用食器の類と考えられる。

焼成時の釉切れに加え、いずれの個体にもホツがあるが大きな瑕疵はない。

W9.5cm×H2cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。