Loading...

蛇韻律

北宋 原始青磁鉄絵小碗 11〜12世紀

SOLD OUT

北宋期の広南道(現広東省)で焼かれた青磁の小碗。同じ百越文化圏の越窯から影響を受けたものであるが、当時この周辺の窯はまだ原始青磁の段階にあった。釉下彩による装飾は湖南の長沙窯から伝わったと考えられ、鉄絵による控えめな輪線が小麦色の器面によく映えている。

カセは少なく、艷のある肌を保つ。窯傷、薄いニュウが一本、口縁にホツが数箇所見られるがいずれも実用には影響なく、状態は概ね良好。

W11cm×H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。