Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 青画白磁鉢 19世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代末期に焼かれた白磁の鉢。胴部に膨らみのある、口の窄んだ器形が托鉢用の鉄鉢を思わせる。このタイプの鉢は分院で多く産したが、こちらは釉調から推測するに金海周辺で焼かれたものだろう。朝鮮王朝では封送(ポンソン)という風習により、両班が残した宮中の食事が使いの者に与えられた。こうした鉢の形状は、貰い受けた食材をかき混ぜるのに適していたと考えられる。

やや大きめの茶碗としても使用可能なサイズ。貫入染みや、多少の汚れは見られるが特筆すべき瑕疵はない。

W14cm×H9.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。