Loading...

蛇韻律

明朝 雲南大理窯 青花渦巻草花紋壺 15〜16世紀

SOLD OUT

明朝期に雲南省の大理窯で焼かれた壺。マンガンを多量に含む地産の呉須が鈍色を呈している。副葬品の需要を景徳鎮に奪われ、生活雑器の生産に移行した後に産したもので、主に台所で酒や米、茶葉などの貯蔵に用いられた。民藝の手本のような質朴で力強い作行きであるが、天界を表す雲気文が絵付けに盛り込まれるなど、それまでの副葬品を踏襲している点が目立つ。

窯傷が幾つかと土の付着があり、口縁、高台にホツが見られるが状態は概ね良好。霊性を帯びた豊満な器形は朝鮮半島の満月壺を思わせ、花を生けなくとも単体で鑑賞に堪えるだろう。

W20cm×H22cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。