Loading...

蛇韻律

高麗 青磁平茶碗 12〜13世紀

SOLD OUT

高麗時代中期に康津または扶安で焼かれた青磁の平茶碗。高台脇から直線的に開き、胴部で勾配を強めた後僅かに端反りする。総掛けの淡青釉に汝窯の影響を感じさせるものの、器形には陶工の手癖や歪みが見られ、珪石目の代わりに砂支えの跡が残る。屈託のない放胆な作行きから、陶工の息遣いが聞こえるようである。

カセの殆ど見られない艶やかな釉膚を持つ発掘伝世品。茶溜りの窯傷に漏れはなかったが、丸粉仕上げの金直しを施した。「高麗青磁平茶碗」と書かれた古箱に入る。

W18.5cm×H6.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。