Loading...

蛇韻律

朝鮮 青画鳳凰文瓶子 19〜20世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代末期〜日帝時代に焼かれた瓶子。青海波を背景に、鳳凰や牡丹を迫力ある構図で描く。図案に浮世絵の影響を感じさせるものの、鳳凰の表情には朝鮮民画の面影を残す。当時すでに民営化されていた分院で盛んに青画が焼かれていたが、こちらは金海周辺の産。同地特有の光沢を帯びた透明釉と、鮮やかに発色する人造呉須の組み合わせが斬新である。

窯傷、貫入染み、口辺に二箇所金直しがある以外に目立った瑕疵はない。水漏れや油臭もないため、酒器や一輪挿しに使用可能。落とし戸の箱付き。

W10.5cm×H13.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。