Loading...

蛇韻律

明朝 古染付 蟲文大鉢 17世紀

SOLD OUT

明代末期に景徳鎮の民窯で焼かれた古染付の鉢。四足を持ち、中央が縫い合わされたような奇妙な生物(或いは果実)と、篆刻を交互に描く。厚手の器壁に虫喰のある口縁、波打つように歪んだ器形など、日本からの注文に答えた「茶器古染付」の特徴を示している。寓意に満ちた珍奇な絵付けも然る事ながら、染みの生じた柔らかな釉膚が好ましい。

目立った瑕疵は無く状態は概ね良好。高台内のニュウは見込み側には通っていない。「中国藍古染 鉢 虫文様」と張り紙のある箱に入る。

W22cm×H10cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。