Loading...

蛇韻律

清朝 磁州窯系 白釉壺 17〜18世紀

SOLD OUT

清朝期に磁州窯系の窯で焼かれた白釉壺。同時代の朝鮮で好まれた提灯壺に似た器形を成すが、胴継ぎではなく巻き上げ式で成形されており、より古拙な印象を放つ。経年による釉膚の淡いグラデーションに加え、表面の土錆や桃色の染みが景色となっている。

窯傷が散見されるが目立った瑕疵はなく、状態は概ね良好。本来は蓋を伴う酒壺であったと思われるが、緩急のついた丈長の器形が花活けに最適。

W15cm×H21cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。