Loading...

蛇韻律

唐津焼 古武雄 灰釉平盃 17世紀

SOLD OUT

江戸初期に焼かれた古武雄の平盃。慶長の役後に渡来した朝鮮陶工の手によるものと思われ、リム型の口縁や見込み中央の小さな鏡落ち、その周囲の白土目跡など、初期の李朝白磁と共通する点が目立つ。よく水簸されたきめ細かな胎土、陶胎でありながら薄造り且つ端正な器形が、古唐津の終焉を告げるようである。

酒器や小鉢に幅広く使用できる汎用的なサイズ。全体が薄っすらとカセているが、使用するうちに少しずつ落ち着くと思われる。高台に削げが見られる以外に目立った瑕疵はない。保存箱付き。

W12cm×H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。