Loading...

蛇韻律

古伊万里 くらわんか手 錆釉小碗 18世紀

SOLD OUT

江戸時代中〜後期に焼かれた古伊万里の小碗。器壁の外側に錆釉を施す意匠は初期伊万里の頃から見られ、元は天目碗を意識したものだろう。見込みに大きな蛇の目釉剥ぎが残る本作はくらわんかに類する雑器と思われるが、薄造りで端正な器形に下手の印象はない。当時流行し始めていた煎茶道にも呼応する、清貧の茶風を感じさせる作行きである。

目立った瑕疵はなく状態良好。茶を点てるには幾分小さく、やはり煎茶か、日常の器として使用したい。保存箱付き。

W11cm×H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。