Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 刷毛目茶碗

SOLD OUT

李氏朝鮮時代中期に焼かれた刷毛目茶碗。初期の刷毛目のような器形の歪みがなく、施釉が高台内にまで及び、刷毛の跡も明瞭である。借用窯、または釜山窯で焼かれた注文品と考えられるが、土錆の付着から比較的早い時期に焼かれ、一時は土中にあったのだろう。高麗茶碗らしい竹節高台や渦巻き兜巾、見込みの目跡が野趣に富み、見どころとなっている。

口縁にニュウが一本見られるが裏には通っていない。「李朝中期刷毛目茶碗」と書かれた古箱に入る。

W12.5cm×H5cm