Loading...

蛇韻律

明朝 漳州窯 呉須赤絵 鳳凰図小皿

SOLD OUT

明末清初に漳州窯で焼かれた呉須赤絵の小皿。呉須で輪線の下絵を施し、赤絵と緑彩を組み合わせて鳳凰と宝珠、一対の龍を描く。呉須赤絵は景徳鎮の古染付に先行して発生したが、本作は天啓赤絵の筆致を参考にしている節があり、清初まで時代が下るかもしれない。殆ど線のみで表された鳳凰、剽軽な表情の龍が風変わりな印象。

見込みに5cm程度の薄いニュウと、赤絵が僅かに剥離している点を除いて状態は良好。

W12.5cm×H2cm