Loading...

蛇韻律

会津本郷焼 緑釉碗 二客組

SOLD OUT

明治〜大正期に焼かれた磁器の飯茶碗。僅かに端反りした小ぶりな器形を成し、失透性の緑釉を総掛けする。こうした緑釉は幕末頃から流行し、各地で用いられた。本作は会津本郷で産したものと思われるが、見つかった場所が長崎であること、また高台作りから波佐見産の可能性も否定できない。

二客とも釉に気泡が生じている。一客のみ口縁に小ホツ、高台に削げが見られるが、それ以外に目立った瑕疵はない。

W11.3cm×H5.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment