Loading...

蛇韻律

中国南方 公鶏碗 20世紀

SOLD OUT

20世紀初頭に広東省〜福建省で焼かれた茶碗。雄鶏や花が粉彩で描かれた公鶏碗と呼ばれるタイプの茶碗である。

かつて中国華南地域から香港、台湾、東南アジア各地に広く普及していたこの茶碗は、家族に繁栄をもたらす縁起物とされていた。中華民国時代の弥州地域では嫁入り道具としても用いられていたようだ。

日の出とともに鳴き声を上げ人々を労働へと駆り立てる雄鶏は、農業社会において家畜以上の特別な存在だったのだろう。

若干の色褪せと釉剥げが見られるが状態は極めて良好。現行品も存在するが絵付けが転写式になっており、初期の手描きの味わいは失われている。

W15.5cm × H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。