Loading...

李氏朝鮮 粉引耳盃

SOLD OUT

李氏朝鮮時代初期に焼かれた盃。装飾が両側に付く通称「耳盃」。形態としては中国の盃に由来し、琉球にも類似の祭器が存在する。朝鮮では儒教の祭祀道具として重要視され、様々なバリエーションのものが作られたが、李朝中期には姿を消した。本作は花のような形をした愛らしい双耳と、粉引の温もりある膚が魅力。

耳の付け根に窯傷、見込みにフリモノが見られる。口縁にカセがあるが目立った瑕疵は無く、状態良好。保存箱付き。

W9.7cm×D6.8cm×H4.7cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.