Loading...

蛇韻律

前漢時代 灰陶加彩盒 B.C.1-A.D.1世紀

¥15,800

前漢時代に焼かれた半球形状の灰陶。明器として用いられた盒子、あるいは鼎の蓋だろうか。

描かれているのは当時好まれていた雲気文と思われるが、ここまで簡素化された図案は珍しい。 対で存在していたであろう器腹にはどのような意匠が施されていたのか気になるところである。

土中にあったため土の付着と顔料の剥離があるが、それ以外に特筆すべきダメージはない。

W15cm × H3cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。