Loading...

蛇韻律

タイ 双耳青磁小壺 15〜16世紀

¥12,000(税込)

タイの陶磁器のスタイルは、中国の陶工による技術指導によって13〜14世紀頃に成立した。宋や元代の青磁、青花の模倣から出発し、後期になると国風化された様式を示し始めたが、惜しくも17世紀頃に廃窯を迎えた。

どこか歪な佇まいのこの小壺は、品質が低下していた末期の作だろうか。胎土に不純物が多く成形も拙いが、サイズ感やシルエットなど他に類を見ない点が多い。口縁部の金属直し(素材は不明)も含め、異形の姿が目を引く小壺である。

全体的に深い貫入があり、高台にトチンの焼き跡がある。直しを除き特筆すべきダメージはなく、水漏れもない。

W13cm × H13cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。