Loading...

陳朝 天目陽刻草花文茶碗

ARCHIVED

大越国(現ベトナム北部)の李朝後期〜陳朝期に焼かれた茶碗。漆黒の天目釉が外面を覆う、掛け分けの作例。陽刻の施された見込みには柔和な象牙釉が掛かり、外面とは異なる嫋やかな表情を湛えている。重心の低い朝顔形の器体と、段差の小さいフラットな高台が景徳鎮の影響を強く感じさせるものの、こうした掛け分けはベトナム陶磁特有のもの。内外で印象を分かつ、コントラスト豊かな一碗。

バーミンガム美術館に同手所蔵。図録「Vietnamese Ceramics: A Separate Tradition」に同手所載。口縁に小さな釉の剥離が見られる以外に目立った瑕疵は無い。

W16.5cm×H6.3cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.