Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 分院 青画草花文丸壺

SOLD OUT

李氏朝鮮時代後期に分院里で焼かれた青画壺。丸みを帯びた豊満な器形を成し、肩部の膨らみに沿うように草花文を描く。同じく分院里で盛んに焼かれた牡丹文丸壺に似た作例であるが、本作は頸部に連文がなく、慎ましい印象。裏側は完全な無文で、斜めの釉垂れや淡い桃色の染みが景色を作っている。

口縁にホツが一箇所とニュウが二本(内一本はトリアシ状)あるものの、状態は概ね良好。

W23cm×H23cm