Loading...

蛇韻律

古唐津 象嵌平盃

SOLD OUT

1620年代に内田山の小峠窯で焼かれた古唐津の小皿。光沢ある漆黒の膚に白土象嵌の花文が浮かぶ。慶尚南道金海出身の宗伝が経営した小峠窯は、古唐津の時代に三島を焼いた数少ない窯の一つ。釉調こそ異なるものの、本作の作風も粉青沙器のそれである。

適度な深さがあり、平盃に見立てることが可能。側面のひっつきが手取り良く、躯体の歪みも酒を口に流し込むのに適している。発掘品だがカセは少なく、目立った瑕疵はない。

W13cm×D12cm×H2.5cm