Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 無地刷毛目皿

SOLD OUT

李氏朝鮮時代初期に焼かれた粉青沙器の皿。表面に白泥をズブ掛けする、通称「無地刷毛目」と呼ばれる意匠。全羅南道西部の務安郡で多く産したことから「務安粉引」とも称されるが、他の窯址からも陶片が見つかっている。通常、粉青沙器の皿は重ね焼きされているが、本作は天場だったためか見込みに目跡が無い。

口縁にホツ、カセがある以外に目立った瑕疵はなく、状態良好。発掘伝世品ながら清廉な白さを保つ。保存箱付き。

W15.5cm×H4cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.