Loading...

高麗 青磁白黒象嵌徳利

¥70,000(税込)

高麗時代に焼かれた青磁徳利。白と黒の象嵌で草花文を二箇所に表す。釉薬は緑褐色を呈し、微細な貫入が全体を覆う。象嵌の技法が成熟し、粉青沙器への過渡期的様相を見せ始める14世紀の作例で、高台には砂目跡が残り、濃褐色の露胎を呈している。酒器に最適な軽やかな手取りと、天真爛漫な雰囲気の草花文が魅力。

発掘品ながらカセは少なく、全体的に良好な艶を保っている。部分的な変色と、口辺に一本短いニュウが見られるが、それ以外に目立った瑕疵は無い。容量は三合程度。保存箱付き。

W9.5cm×H16.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.