Loading...

清朝 青花唐草文茶碗

ARCHIVED

清朝期に山西南部またはその周辺で焼かれた青花の茶碗。カオリンを多く含む胎土が用いられており、叩くと澄んだ音を響かせる。北方の青花に描かれる文様は概して景徳鎮の模倣であり、本作も何らかの図案を引用していると推測される。その筆致は不器用で、線は不規則に絡まり、ぼんやりと滲んでいるが、その素朴さがかえって心に染みる。

口縁に小ホツと釉切れ、高台にホツ・削げが見られるが、状態は概ね良好。

W13.3cm×H5.6cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.