Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 面取台鉢 18〜19世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代の面取台鉢。中期以降盛んに焼かれた祭器の一種だろう。肉厚で重みがあることから、杯ではなく香炉として使用されていたものと思われる。

広く普及していた白磁の台鉢とは様相が異なり、ゴブレット型の器形や灰色に上がった釉薬など特異な点が目立つ。壺に多用される面取りの意匠がここにも表れており、その滑らかな輪郭線が柔和な印象を生んでいる。

カセはなく、器面は艷やか。焼成時に入った窯傷が散見され、一部補修されている。口縁に金直しがある。

W10.5cm×H8.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。