Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 分院 白磁面取盃 18世紀

SOLD OUT

李朝後期に焼かれた白磁盃。官窯が分院里に移設された直後の作だろう。小ぶりな姿形は一見ミニチュアの明器のようだが、十二面もの精巧な面取りや高台内の施釉から、王宮向けに焼かれた一般容器と考えられる。

とろみのある釉膚と端反りした器形がよく手に馴染む。焼成時の窯傷、フリモノが見られる以外、特筆すべき瑕疵はない。

W5.5cm×H3.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。