Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 堅手盃 18〜19世紀

SOLD OUT

李朝後期に焼かれた堅手盃。灰色味を帯びた白磁には目の細かい貫入が走り、高台内には微かに梅花皮が生じる。この手は半島南部の民窯の作と思われ、その作行きからしばしば井戸手と称される。

滑らかな質感と重い手取りが好ましい。酒盃には勿論、厚みのある器壁は温度の高い茶にも最適。窯傷と口縁のニュウ以外、特筆すべき瑕疵はない。

W7.5cm×H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。