Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 雨漏筒茶碗

SOLD OUT

李氏朝鮮時代中期に焼かれた筒茶碗。粉引のような柔らかな白磁に滋味深い貫入が走り、広範囲に渡って雨漏りが生じる。対馬藩直轄の釜山窯(倭館窯)で茶器として焼かれたものと思われ、元々は五客組だったと伝え聞く。倭館窯が開窯される以前から、器壁を意図的に窪ませた織部様式の茶碗が発注されていた記録が残っていることから、本作もやや時代が上がるかもしれない。堅手と同じ半磁器質でありながら、萩焼のような土ものの温もりを纏った茶趣溢れる筒茶碗である。

長年茶席で使用されており、内部に茶渋の付着が見られる。目立った瑕疵はなく状態良好。

W9cm×H8cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.