Loading...

蛇韻律

安南焼 瑠璃釉合子 15〜16世紀

SOLD OUT

ベトナム、ホイアン沿海の沈没船から引き揚げられた瑠璃釉の合子。縦縞を胴部に刻み、蔕を蓋上部に施すことで果実を象っている。

船に積まれていた無数の陶磁器は、南海の有力者が大越国(現ベトナム北部)に発注したものとされている。元青花に始まる瑠璃釉の意匠はベトナム青花においても高級品であったとみられ、引き揚げ量は染付のものとは比較にならない。

噛み合わせ部分に二箇所ホツが見られるものの、全体的にカセも少なく状態良好。海揚がり品の合子は蓋と本体が合わせのものが多いが、こちらは大きさと縦線がほぼ一致しており共の合子のようである。

W6.5cm×H4.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。