Loading...

蛇韻律

波佐見焼 くらわんか皿 18世紀

SOLD OUT

江戸時代中期に焼かれた波佐見焼のくらわんか皿。有田焼の下請けで量産された民間向けの器皿である。描かれているのは宝暦年間から流行し始めた定番の図案であるが、通常よりも狭く縁取られた唐草模様と中央の小さな五弁がシャープで垢抜けた印象を与える。

暗い呉須の色味や三分の一高台は初期伊万里に通じ、古格も十分。口縁に短いニュウが一本あるが、酷使された形跡はなく状態は極めて良好。

W13cm×H3.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。