Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 金海 耳盃 16〜17世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代中期に焼かれた耳盃。持ち手が耳のような形をした高麗末期から作例のある祭器である。元々は盃だけでなく皿と一体で、酒を入れて神前に供えられた。官窯製の白磁や堅手のものが多く伝わるが、こちらは金海周辺の産と思われ、艷やかな透明釉が畳付きを含む全体に掛けられている。

耳の補修なども無く状態は極めて良好。高台の欠けは窯傷か、古い時代に生じたもので馴染んでいる。

W10.5cm×D7.5cm×H4.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。