Loading...

蛇韻律

後漢時代 緑釉耳杯 1〜2世紀

SOLD OUT

漢時代に焼かれた緑釉耳杯。宴席で用いられた同型の漆器を模した副葬品である。漢の緑釉陶器は通常煉瓦のような軟質であるが、こちらは大部分が灰陶質となっており、尚且つ釉薬も褐色掛かっている。表題は後漢時代としたが、多少時代が上がるかもしれない。

外側にカセや釉薬の剥離が目立つが、見込みは非常に艷やか。変化に富む釉色もさることながら、見込み脇の潤沢な釉溜まりも見どころとなっている。耳の削げは窯傷であり、上から施釉されている。「中国墳墓発掘品」と記された保存箱付き。

W10.5cm×D8cm×H3cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。