Loading...

蛇韻律

前漢 加彩灰陶三足竈 紀元前2〜1世紀

SOLD OUT

前漢時代に焼かれた釜型の明器。戦国時代から漢代にかけて、北方騎馬民族の”鍑”や中原地方の”鼎”など各民族の調理器具の融合が進んだことから、この明器もそれらの特徴を併せ持ったものとなっている。

従来の死生観が大きく変化した漢代では、殊に死後の世界の世俗化が顕著である。日用器である炊器を簡略化したこの明器は中に穀物が詰められ、死後の安泰が願われたのだろう。

発掘品のため土錆やホツ、加彩の剥離が見られるが状態は概ね良好。保存箱付き。

W16.5cm×H9cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。