Loading...

蛇韻律

黒唐津 茶入 17世紀

SOLD OUT

1600年代初頭に焼かれた古唐津の小壺。中位の括れた胴部から朝鮮風の厚みある頚部がやや開き気味に立ち、重厚な黒釉が高台脇まで掛かる。藤の川内を思わせる作行きであるが、別の松浦諸窯で焼かれたものだろう。

蓋を誂え、茶入に見立てられた発掘伝世品。カセは少なく、口辺に大小のホツが見られるが概ね状態良好。保存箱付き。

W7.5cm×H8cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。